上棟式について

上棟式とは

上棟式とは建前(たてまえ)や棟上げ(むねあげ)とも呼ばれ、基礎、柱、棟、梁などが完成し、棟木を上げるタイミングで無事棟が上がったことに喜び、感謝し、建物が無事に完成することを祈願するものです。
また、施主様から工事に関わる人、現場の職人などをもてなすためにも行われ、施主様の記念にもなります。

上棟式

地域によっても異なりますが、一般的な住宅の場合、地鎮祭と異なって神主さんを呼ばないことが多いです。
式の進行は一般的には、棟梁は棟木の一番高いところに南向きに弊束(へいぐし)を立てて破魔矢(はまや)を飾ります。
そして建物の四方に酒、塩、米をまいてお清めをします。
儀式がひと通り終了したら、直会(なおらい)というお祝いの小宴会が催され、お酒を振る舞うのが一般的です。

上棟式

この上棟式、お祝いだけでなく、建物の構造がよく判るタイミングですので、しっかりと建物の構造チェックを行うことが出来ます。
上棟式はお施主様にとっても、職人にとっても、お互いを知る機会ですので、家づくりに対する思い入れ、信頼関係が深まり、より良い住まいが建つことでしょう。

上棟式についてのご相談は

上棟式を御希望される方、上棟式について掛かる費用についてなどのご相談は担当営業におたずね下さい。