~お客様と共に、地域と共に、時代と共に~ をコンセプトに三共グループは日々、新しい住まいづくりに励んでおります。

地震の衝撃を2分の1に軽減する制振装置

地震の衝撃を2分の1に軽減する制振装置

建築基準法の耐震基準をクリアしていれば、家族の生命や財産を守ることができるのか?

建築基準法における「耐震」の定義

震度5以下の中規模な地震に対しては大きな損傷はしない。
また、震度6以上の大地震に対しては、居住者の命を守る(倒壊しない)ことを目的としている。
決して「家が壊れないようにする」ことではありません。
また余震で倒壊することに関しては全く触れられていないのです。

建築基準法順守の家

耐震(地震に耐える)

建築基準法順守の家 耐震(地震に耐える)

すじかいや合板などで建物をガッチリと固めることで地震の際に躯体にかかってくる衝撃力を逃がすことができず、弱い部分に力がかかり建物を痛めてしまう。 一度大きな地震を受けると地震に抵抗する耐力壁(すじかいや合板)も損傷。見た目には分からないが、実は壁の内部はガタガタになり余震に耐える力が残っていないケースもある。
建築基準法順守の家 + 制振装置

耐震(地震に耐える) + 制振(地震の衝撃を軽減)

建築基準法順守の家 + 制振装置 耐震(地震に耐える) + 制振(地震の衝撃を軽減)

地震の揺れを軽減させて衝撃を和らげ、家を傷めないようにする技術。建物損傷が軽減されるため、繰り返される余震に有効とされています。

耐震だけでは補えない性能をカバーするのが「制振」。

evoltz SS-DAMPER

建物の構造部材が損傷する前に、建物にかかる衝撃力(加速度)を大きく和らげ(吸収し)、建物を守るのが特徴です。「制振」をより高性能にする秘訣がバイリニア特性です。

※バイリニア特性とは、制振装置がエネルギーを吸収する「減衰力」の増大に伴って、躯体を痛めることのないように考えられた特性です。
 千博産業㈱はバイリニア特性を有する木造住宅用制振装置の技術で特許取得。

一般的な制振装置
揺れが大きくなり、建物の損傷が始まるころに効き始めます。
一般的な制振装置 建物の構造部材の損傷が進み、繰り返しの揺れ(余震など)で建物の損傷がさらに進みます。

ご存じですか?

地震は震度(揺れの大きさ)に耐えるだけでは危険!
evoltz は地震対策に必要な4つの制振性能をもち合わせています。

1.揺れの瞬間にいかに衝撃を和らげるかが大切です。

揺れの瞬間にいかに衝撃を和らげるかが大切です。

2.何度も来る「余震」が怖いのです。

何度も来る「余震」が怖いのです。

3.地震がいつ来ても、しっかり性能を発揮。

地震がいつ来ても、しっかり性能を発揮。

4.「共振」が起こると破壊的な力が発生します。

「共振」が起こると破壊的な力が発生します。

制振装置 evoltz SS-DAMPER は別途、費用が掛かります。詳細につきましてはご担当営業にお尋ねください。

まずはお気軽にお電話下さい。親切、丁寧にご対応致します。 TEL 0721-53-7957 受付時間 9:00 - 21:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP