高耐久

地盤

アローラホームコンセプト高耐久配筋

地盤調査

安心して末長く暮らして頂くには、まず安定した地盤が必要です。アローラホームでは全物件で徹底した地盤調査を行い、地耐力を確認。一戸建ての住宅で最も普及している信頼性の高い「スウェーデン式サウンディング試験」方式を採用。徹底した地盤調査を実施し、その結果内容に基づいて、不同沈下などを防止する地盤改良工事を行います。
アローラホームコンセプト高耐久地盤調査

地盤改良

DSP工法・湿式柱状改良
地盤に十分な耐力がないと判断された場合は、地盤改良を行います。大型の施工機械を必要とせず、スクリューで地盤に空けた穴に、固化材を粉体のまま使用することが可能で、強固な地盤を造ります。DSP工法および、湿式柱状改良は、地盤の状態によって、使い分けされます。
アローラホームコンセプト高耐久地盤改良

配筋

アローラホームは建築基準法で定められている9mmの鉄筋よりも更に太い直径13mmの鉄筋を使用し、ピッチ(間隔)は基準値の300mmから200mmに詰める事で耐震強度を高めています。
アローラホームコンセプト高耐久配筋

床組

アローラホームコンセプト高耐久基礎

基礎工事

耐震性能を決める重要な足元は基本に忠実なベタ基礎で、基礎幅は建築基準法で定められている120㎜よりもずっと厚い※150㎜~180㎜。また、配筋のご説明にもありました様に、内部に使われる鉄筋すべて(主筋、副筋)を建築基準の9㎜よりも太い13㎜のものを使用、ピッチ(間隔)も基準値の300㎜から200㎜に詰める事で、さらに耐震強度を高めています。
※基礎幅が一部、120mmの箇所がございます。耐震等級2標準仕様。住宅性能表示取得費別途必要。
アローラホームコンセプト高耐久基礎断面図

土台工事

建物を支える基礎と建物本体の骨組みをしっかりとつなぐのが、土台の役割です。基礎のコンクリートが固まる前に※アンカーボルトを埋め込み、アンカーボルトの通る穴を空けた角材を水平に置き、上からナットで締め付けます。そうすることで、地震や強風などで土台から上の部材がずれたり、浮き上がったりしないように、基礎と土台をしっかり固定しております。
※基礎部分と土台部分を接合するためのボルト。
アローラホームコンセプト高耐久土台工事

床板工事

アローラホームの床の構造用合板は、厚さ24mm、鉄丸釘N75を150mm間隔で4周釘打ちにすることにより、存在床倍率3倍相当としています。

アローラホームコンセプト高耐久耐震(住宅性能表示)アローラホームは耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2が標準仕様(耐震等級3への変更も可能です)。住宅性能表示取得費別途必要です。詳細は担当営業にお聞き下さい。

アローラホームコンセプト高耐久床板工事

躯体

アローラホームコンセプト高耐久躯体

軸組み+モノコック構造

壁、床が一体化し、壁全体が家を支えているため、地震など外部からの力を分散、吸収しネジレや倒壊・変形を防ぎます。 アローラホームコンセプト高耐久軸組モノコック構造

構造金物

構造体を損傷することなく最大限の効力が発揮できるように的確な施工が必要とされ、高品質な金物を、適切な場所に使用することで住まいの強度を大幅に高めています。 アローラホームコンセプト高耐久構造金物

構造用集成材

JAS(日本農林規格)の低ホルムアルデヒド規格基準に合格した最高等級の『F☆☆☆☆』。反り、曲がり、収縮が少ないJAS認定工場で品質基準に基づいて管理されています。また従来の天然材(ムク材)の1.5倍の強度で、学校建築物などの大型公共施設の梁や武道館など多くの木造建築物に用いられています。 アローラホームコンセプト高耐久集成材
LINEでのお問い合わせはこちらから

LINEでのお問い合わせはこちらから

アローラル三共住販Instagram

アローラル三共住販Instagramフォトコンテスト開催中!

新築工事進捗ブログ最新の投稿記事

  • アローラタウン南海滝谷4号地 K様邸新築工事 2017年11月24日投稿 角谷克己
    外壁工事が完了し、足場が外れました。内部の吹付断熱工事は、終了しています。今日は、大工さんが階段を取り付けしていますので、もうすぐ2階に上がれます。あと、ユニットバスの設置も行いました。   Similar P […]
  • みどりヶ丘5期14号地 S様邸新築工事 2017年11月22日投稿 伏見誠
    現在の工事進捗状況はラインに沿って基礎の 底盤部分まで掘り方(基礎を作るために地盤を掘削する作業のことです。)が始まっており、 栗石施工→転圧→捨てコンクリートの打設を行います。       […]
  • 11月21日 長野中央2期55号地 K様邸新築工事 2017年11月21日投稿 岡部貴文
    現在の工事進捗状況は構造用合板施工後のサッシ及び玄関ドアの取り付けです。 又、本日より外壁材(サイディング)施工に向け構造用合板に透湿防水シートの施工が 始まりました。この白いシートは外部からの水分を抑える防水性と、内部 […]
  • みどりヶ丘5期14号地 S様邸新築工事 2017年11月20日投稿 伏見誠
    S様、遅くなり申し訳ございません。 11月19日(日)大安に地縄張りを行いました。地縄張りとは縄張りとも呼ばれますが、住宅の建築工事の初めに行うもので、敷地内における建物の配置を示していく作業です。 もう見られたとの事で […]
  • 11月20日 みどりヶ丘5期12号地 N様邸新築工事 2017年11月20日投稿 岡部貴文
    現在の工事進捗状況は建物内部で継続作業の クロス作業です。 1,2階共に並行作業ですが今週半ばには作業完了となり、 クロス施工後は住宅設備の取り付けを予定しております。 Similar Posts: 10月17日 菱木2 […]
  • PAGE TOP