平成29年度宅建試験、解答速報で答え合わせの結果!
平成29年度宅建試験、解答速報で答え合わせの結果!

こんにちは。
システム課の淺野です。

昨日、平成29年度宅建試験を受けてきました。
前日は脳を休めるためにきちんと睡眠をとり、朝から4時間ほど勉強して試験会場に・・・。

全て回答するまで20分ほど時間が余り、全体的に難しくはないなと思いながら試験を終えました。
法改正の問も2問ほど出てバッチリ答えられたし、教室内の15%が受かるからその中に入るかな?
でもやっぱり合否は微妙かな?と思っていました。
それで、昨日は答え合わせもせずに家で好きな事をしていたわけです。

そして!
今日会社で答え合わせをしてみると・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30点!

あかん!(´;ω;`)ウゥゥ
微妙どころじゃないし。昨年よりも悪い!

宅建業法20問中10問しかあってない!
宅建業法だけでも完璧にとしていたのに。。。
解く順番も宅建業法からはじめて宅建業法だけ見直しもしたのに。。。
宅建業法が全て正解なら・・・(´;ω;`)ウゥゥ
私にはフォースがありませんでした。

おかしいとは思っていたんですけどね。
問26から問35までの10問で1と回答したのが9問!
自分では正しいはずと思っていたのが不正解!

もうちょっと真剣に見直せばよかったです(´;ω;`)ウゥゥ

イージーミスの1例
Aの従業者Cは、投資用マンションの販売において、勧誘に先立ちAの名称を告げず、自己の氏名及び契約締結の勧誘が目的であることを告げたうえで勧誘を行ったが、相手方から関心がない旨の意思表示があったので、勧誘の継続を断念した。

これは宅建業法に違反するというのが正解なのですが、これを違反しないとしたのです。
過去問とかでは目的を告げないで宅建業法に違反するという問題がよくあり、相手方から関心がない旨の意思表示したときにも勧誘を続けて宅建業法に違反するとかもよくあったんです。
それで目的も告げているし、勧誘も断念しているからてっきり違反しないとしたら、よくよく見てみると”勧誘に先立ちAの名称を告げず”とあります。
見落としです。
しかもこの設問は違反しないものはいくつあるか。という問い方で消去法による回答が出来なかったのです。

他には、決めかねた時に見たこともない問い方はひっかけで間違いだろうと多く選ばなかったのが良くなかったかも知れません。。。
昨年2点足らずで受かっておくべきでした。

過去問だけの知識ではやっぱり無理です。
毎年、目新しい設問が増えて今後も大変だろうと思います。

年一回約25万人が受けて3万人強が受かる宅建試験、受験料だけでも17億5千万円。
書籍や学校、受験対策講座など含めると凄い巨大市場となるでしょう。そりゃあ毎年きっちり85%落とさないと儲からないわけです。
もう、二度と足を踏み入れません。。。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
各記事の下部にコメントを入力し、投稿できるようにしています。
ご不明な点のご質問、またはご意見、間違いのご指摘、応援メッセージなどございましたら、お気軽にコメント投稿してください。
匿名でのコメント投稿が可能です。
※投稿されたコメントは本文記事と同様に誰もが見ることができます。投稿されたコメントはコンテンツの一部となる為、公共良俗に反する内容などは書き込まないでください。公共良俗に反するコメントの承認は致しません。
コメントしてみる

    「家のカタログ」プレゼント!

只今、一戸建住宅(業者)人気ランキング1位でランキング中です!
押していただけると大変、励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 河内長野情報へ
にほんブログ村

南大阪エリア・大阪府河内長野市の地域情報ポータルサイト。
観光、イベント、お勧めスポットやお店情報など
河内長野おでかけ情報
河内長野おでかけ情報

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事