こんばんは。
システム課の淺野です。

昨日撮影したTHETAの360度パノラマ画像、やっとボカシを入れてアップロードすることが出来ました。
THETAの360度パノラマ画像でexif情報を壊さずにボカシ補正して天頂補正書き出しする方法。久々の晴天につき、造成工事中のアローラタウン長野中央2期にて撮影!新しいモデルハウスも建築中!!【追記あり】

HOMESやiOSアプリでは編集できるのがAndroidアプリでは出来ず、THETAのPCアプリでも出来ないという事態でした。

で、気分がどんよりとしている中、やっと成功しました!パチパチパチパチ~指でOK

まず探したのはこちらのサイト
RICOH THETA を買ったのでexif移植ソフトを作成
exif情報をバッチファイルで取り出し、画像編集ソフトで補正した後、exif情報をまたバッチファイルで引っ付けるというもの。
THETA愛用者がよく使っていると思います。
で、やってみましたが最後のexif情報を引っ付けることが出来なかったり、THETAアプリで天頂補正書き出しがエラーになったりします。
うーんこれは出来ないかなと思いながら、exif情報を編集出来るソフトなら出来ないかなと探していると、
F6 Exifというフリーソフトがあったのです。
F6 Exif ~EXIF編集ソフト~
このF6 Exifは、かなり優れもので、
・ニコンF6の撮影データからEXIF自動生成
・EXIF編集
・撮影情報入力(EXIF編集)
・EXIF削除
・EXIF エクスプローラ
・サムネイルビューア
・撮影日時一括更新
・ファイル更新日時復元
・ファイルリネーム
・CSV入出力
・EXIFコピー
・JPEGビューア
・画像一括縮小
・Exif情報付きインデックスプリント
・サムネイル作成
・EXIF ビューア(一覧表示)
・EXIF解析

かなりの多機能となっています。

THETAの360度パノラマ画像でexif情報を壊さずにボカシ補正して天頂補正書き出しする方法の手順としては、
1.THETAで撮影した元画像をF6 Exifで開く。
2.F6 Exifの編集-EXIFエクスポートでexif情報を書き出す。
3.画像編集ソフトでボカシ補正する。
4.F6 Exifでボカシ補正した画像を開く。
5.F6 Exifの編集-EXIFインポートでexif情報を取り込んで保存する。
6.THETAのPCアプリで開き、天頂補正書き出しする。
で、サーバーにアップして見事成功!

ちょっと面倒ですが、これでないと今のところできません。
これで自分の姿をぼかす事もできるので隠れる所がない場所でもTHETAの撮影で自分の姿をぼかす事ができます。
三脚もオリジナルのイルカ画像とかで隠す事ができるのです。
あとF6 Exifは、exif情報のサムネイル画像を使って一覧表示がとても高速だったり、一括リネームや一括画像縮小など使える機能が重宝しそうです。
写真編集する方はF6 Exifを使ってみてはいかがでしょうか?
THETAの360度パノラマ画像でexif情報を壊さずにボカシ補正して天頂補正書き出しする方法。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
各記事の下部にコメントを入力し、投稿できるようにしています。
ご不明な点のご質問、またはご意見、間違いのご指摘、応援メッセージなどございましたら、お気軽にコメント投稿してください。
匿名でのコメント投稿が可能です。
※投稿されたコメントは本文記事と同様に誰もが見ることができます。投稿されたコメントはコンテンツの一部となる為、公共良俗に反する内容などは書き込まないでください。公共良俗に反するコメントの承認は致しません。
コメントしてみる

アローラル三共住販Instagram

モデルハウスギャラリー これまでの様々なタイプのモデルハウスをご紹介。 モデルハウスギャラリー

只今、一戸建住宅(業者)人気ランキング1位でランキング中です!
押していただけると大変、励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 河内長野情報へ
にほんブログ村

南大阪エリア・大阪府河内長野市の地域情報ポータルサイト。
観光、イベント、お勧めスポットやお店情報など
河内長野おでかけ情報
河内長野おでかけ情報

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事