【アローラルスタッフブログ】

評判、人気のおすすめ観光スポットはどこ?美味しい河内長野のグルメ情報を比較!アローラホームのご紹介も。

人とペットが暮らす家(その100)~人もペットも満足いく?家~

2021年8月16日

2016年11月28日より、徒然なるままに書いてきました『人とペットが暮らす家』が100話目を迎えました。
読んでくださっているみなさん、ありがとうございます。わーい (嬉しい顔)

さて、人もペットも満足いく家にしていく工夫などを書いている、このブログ。
だけども実践してみても、うまくいかないペットももちろんいます。
ペットにもそれぞれ性格があります。
好みも違います。
動きも違います。

例えば猫には収納式の爪があります。
収納式の爪
そしてこの爪を日々磨いてとんがらせています。
爪とぎ

この爪とぎは、どれだけ爪とぎをセットしても、壁やソファや椅子でやる猫はいます。
子猫の頃に、壁で爪を研ごうとし始めた時に、つるつるのビニールを壁に貼って、爪を研げなくしました。
すると満足を得られず、壁での爪とぎをしなくなりました。
ビニール袋をとってからも、壁では爪とぎをしません。
が、この方法がすべての猫に対応するとは限りません。

また、壁ではうまくいきましたが、ピアノの椅子では爪とぎをします。
あの革の感じが好きなんですよね。
ピアノの椅子
ピアノの椅子はしても、布製のソファではしなかったのに、最近になってソファでもガリガリと爪とぎをするようになってしまいましたもうやだ〜 (悲しい顔)
布製のソファ

ペットの行動には理由があります。
これを変えるには、ペットの持つ理由に勝る理由づけが必要になります。
人が人の理由で、ペットの行動を変えようとして試行錯誤しても、うまくいく場合もあれば、うまくいかない場合もあります。
ペットと暮らしていく、暮らしていこうとしているなら、思い通りにいかない事も許せる寛大さが必要なんでしょうね。