こんにちは。
システム課の淺野です。

たまーにこのブログで今まで書いてきたFileMakerの記事本文がコピペされていて少しでもどなたかの役に立っているんかなと思っています。
FileMakerで開発しだしてマニュアルが判りづらい、ネットに情報が少ないまたはあっても判りにくいのでとても開発しづらいのです。
だから作っていく段階で良い方法が出来た!と何度もあってそれまでに作ってきたものを作り直す事が多いのです。
そしてFileMakerで出来ないことを把握して代替案をひねり出すスキルが必要です。

今日は2点、見つけた方法をご紹介したいと思います。

1集計フィールドの更新方法

集計リストなど合計をページ下部に設置することは多いと思います。
こんな感じの。
【FileMaker】集計フィールドの更新とポータルレコードのフィルタ合計を出すには集計フィールドというのがあって、「合計」「平均値」「カウント」「最小値」「最大値」「標準偏差」「合計に対する比」「一覧」を設定できます。
で、「合計」を設定してレイアウトを表示すると自動で合計してくれます。
が、一覧の中の項目を変更しても合計値が計算されません。
再計算のコマンドもなく、レイアウトを切り替えても再計算されないのです。
どうしたものかと試行錯誤してできたのが、一覧の中のフィールドを変更したときにスクリプトトリガを起動。
そのスクリプトは
 エラー処理 [オン]
 検索モードに切り替え [一時停止:オフ]
 検索実行 []
というもの。
他に方法があるかもしれませんが、とりあえずこれでできます。
小細工です。

そして次はちょっと大掛かりな小細工を。

2ポータルレコードの追加フィルタ

レイアウトには基となるテーブルの関連するテーブルの一覧を設置することができます。
ポータルと言って使いやすいものです。

【FileMaker】集計フィールドの更新とポータルレコードのフィルタ関連するテーブルはソートしたりフィルタをかましたりできます。

で、関連するテーブルをフィルタする時に設定したフィルタからさらにチェックボックスのオンオフにより、フィルタを追加したいことがあります。契約者一覧のポータルからチェックボックスなどでチェックを入れると未決済だけの契約者一覧にしたりとかです。
FileMakerは、レイアウトに設置するフィールドは必ずテーブル内のフィールドでないとできません。
フォームにチェックボックスだけを設置してそのオンオフだけでは条件分岐できません。

それでどうしたかと言うと、ひとつだけのフィルタ設定したポータルとフィルタを追加したポータルをレイアウトに重ね合わせます。
そしてボタンも二つ設置してどちらかのボタンを押したときにグローバル変数に「ON」「OFF」などのどちらかの値を格納させてポータルとボタンをグローバル変数の値によって"次の場合にオブジェクトを隠す"で表示・非表示させます。

これで望むカタチになりました。

大掛かりな小細工です。

ポータルなどのオブジェクトの非表示・表示やプロパティの変更がスクリプトで出来れば良いのですが。
FileMakerのスクリプトは「オブジェクトへ移動」「オブジェクトの管理を開く」「オブジェクトの更新」ぐらいしかありません。

望むカタチにするために小細工は良いと思いますがあまり手間がかかるのは嫌ですね。
全ての動作や機能を把握しきれていないため、できることを積み重ねていくことが大事です。

#コロナに負けるな

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
各記事の下部にコメントを入力し、投稿できるようにしています。
ご不明な点のご質問、またはご意見、間違いのご指摘、応援メッセージなどございましたら、お気軽にコメント投稿してください。
匿名でのコメント投稿が可能です。
※投稿されたコメントは本文記事と同様に誰もが見ることができます。投稿されたコメントはコンテンツの一部となる為、公共良俗に反する内容などは書き込まないでください。公共良俗に反するコメントの承認は致しません。
コメントしてみる

        「家のカタログ」プレゼント!

只今、一戸建住宅(業者)人気ランキング1位でランキング中です!
押していただけると大変、励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 河内長野情報へ
にほんブログ村

南大阪エリア・大阪府河内長野市の地域情報ポータルサイト。
観光、イベント、お勧めスポットやお店情報など
河内長野おでかけ情報
河内長野おでかけ情報

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事