【アローラルスタッフブログ】

評判、人気のおすすめ観光スポットはどこ?美味しい河内長野のグルメ情報を比較!アローラホームのご紹介も。

【FileMaker】カスタムダイアログよりもフィールド使えば操作しやすい。

2021年10月18日

こんにちは。
システム課の淺野です。

以前書いた投稿にありますように、


今日から「長野公園さくらと光の回廊」(長野公園夜桜ライトアップ)が開催されます。
今日はピクリとも桜は咲いてなく、来週でしょうけどもう桜かと移りゆく季節が早すぎです。

さて、何かとFileMakerの投稿ばかりになります。
自分の覚書としても兼ねているのでご了承ください(実際にどうだったか過去記事探したりしてます・・・)。

今日は以前投稿した


カスタムダイアログよりもフィールド使った方が良いなあというものです。

カスタムダイアログはテーブルのフィールドや変数に値を入れたりできます。

【FileMaker】グローバル変数の値をカスタムダイアログを使って変更する方法【FileMaker】グローバル変数の値をカスタムダイアログを使って変更する方法

まあこれで良いのかなと色々な場所で使っていました。
ただ操作しにくい点が・・・。
それは、入力するときにIMEの制御が出来ないのです。
カナ入力や漢字入力、日付の入力でカレンダーを出したいとかカスタムダイアログでは何もできないのです。
そもそもスクリプトではIMEの制御ができないようです。

やはりフィールドでどうにかしたほうが一番よさそうです。
で、どうしたかというと。

1ワーク(作業用)のテーブルを作成

まず、リレーションシップを貼らず独立したテーブルを作成。
T_workとか。

2フィールドを作成

作成したテーブルに入力させたいフィールドを作成します。
カナ
漢字
開始日
終了日
など。

3入力画面ごとのレイアウトを作成

カナレイアウト
漢字レイアウト
日付範囲レイアウトなどです。
それぞれインプットメソッドの設定でカナ、漢字など設定しておきます。

4スクリプトを作成

そしてスクリプトを作成していきます。
ボタンでスクリプト起動、そのスクリプトでそれぞれの新規ウィンドウでレイアウト開く、新規レコード作成します。

5元のレイアウトに戻るボタンスクリプトを作成

【FileMaker】カスタムダイアログよりもフィールド使えば操作しやすい。上のは入力されたカナを変数に入れて元のレイアウトに戻るスクリプトです。4つのレイアウトに戻るパターンで分けています。
IFで何も入力しなかったら何もしない。
何か入っていると入力された値をグローバル変数($$G_氏名カナ)に格納。レコード/検索条件復帰で新規レコード作成をキャンセルします。
そして現在のウインドウを閉じて、元のレイアウトで検索モードに切り替え、先ほどのグローバル変数($$G_氏名カナ)で検索します。
でソートして先頭レコードに移動。
これで入力されたカナの検索ができます。

ドロップダウンカレンダーも可能です。
【FileMaker】カスタムダイアログよりもフィールド使えば操作しやすい。【FileMaker】カスタムダイアログよりもフィールド使えば操作しやすい。

レコード/検索条件復帰は、削除するよりも良いかなと。
まあ、FileMakerはレコードIDといってユニークなレコードIDが取られるようですけど・・・。
12年前のFileMaker Pro9で1テーブルに作成可能なレコード数が6京4000兆レコードとあります。
ですのでレコードはなくてもレコードIDが次々に取られていっても大丈夫でしょう。

でももっと良い方法があるでしょう。
実際に以前、


で書いたポータル2枚重ねの方法も辞めました。さすがに手間です。
今はポータルにレコードを表示するテーブルにフィールドを作り、レイアウトにラジオボタンを設置してポータルのフィルタで条件分岐させています。

シンプルで質が良く、メンテナンスしやすいのが一番です。

投稿者プロフィール

淺野
淺野
河内長野で勤めてついに11年目に突入。社内のITインフラ、社内システム(FileMaker)、各SNS、Webサイトアローラル三共住販株式会社と大阪府河内長野市の地域情報ポータルサイト河内長野おでかけ情報の面倒をみています。
 河内長野をPRすることで河内長野に住みたい!と思って頂いてアローラホームを建ててもらえたら本望です(^-^) 
たまにランチに行ってブログに投稿しているが評価が甘くなりがちかも。河内長野でランチは酒造通りの三佳屋のランチとか洋食のおとぎ屋のランチが好きです。