【アローラルスタッフブログ】

評判、人気のおすすめ観光スポットはどこ?美味しい河内長野のグルメ情報を比較!アローラホームのご紹介も。

人とペットが暮らす家(117)~室内用タイルはありか?なしか?~

2021年8月15日

そろそろ日差しが気持ちのいい日が多くなってきましたね。
室内飼いのペット達は、日向ぼっこが好きハートたち (複数ハート)

日向にベッドを置いたりして、気持ちよく過ごせるスペースを作ってあげたいですよね。
ただし、年齢が上がってきたペットなどは、温度に鈍感になってきていますので、飼い主の方で、日向にいっぱなしで、体調がくずれないようには気を付けてあげましょうるんるん (音符)

そんなペット達の日向ぼっこスペースにて、よく提案されているものとして、室内タイルがあります。
『これ、本当に買いなんでしょうかexclamation and question

1.タイルは直射日光が当たっても、変質・変色がしにくい
フローリングは木ですので、日差しによっての劣化が速いものです。
それに比べてタイルは、直射日光に当たっても変質・変色がしにくいので、日光がよく当たる場所で使う床材としては最適なんです!!
プリメーロ
2.衝撃に強く、傷もつきにくい
タイルは丈夫な床材です。
最近は加工されて丈夫なフローリングも出てきていますが、タイルの頑丈さには叶いません。
ころころ椅子(事務椅子)を置いて、使っても傷がつきません。
子どもさんがおもちゃを落としても、ペットが走り回っても、傷がつかないんです。
デザレート
3.タイルは汚れが染み込みにくい
タイルは、汚れが染み込みにくい材です。
もちろん水も染み込みにくいので、何かをこぼしても、さっと拭き取ることができます。
汚れも染み込まないので、ペットのにおいが蓄積して、お部屋が臭うということもなくなります。
最近では、タイルとタイルのすき間を埋める目地材にも工夫がなされ、隙間からの染み込みもしないものが出ています。
ジョイアストーン
4.タイルは滑りにくい
タイルは、滑らないですね~。
小型の犬ちゃんや他の犬ちゃん、猫ちゃんでも、足腰に負担がかからない、安心の床材です犬

こんな優れたタイル、フローリングよりお高いけれど、ちょっと一部だけでも採用したいと思っている方も多いのではないでしょうか?
タイルを実際に採用してみますと、
 
好んで乗りますdouble exclamation double exclamation フローリングの感触より肉球に気持ちがいいようです。

しかし!フローリングよりも気温や室温が伝わるので、冬場は冷やっとします。
人がふつうに過ごす場所へタイルを採用する場合には、下に床暖房を持ってきて使わないといけないと思います。
もしくは、人がくつろいで過ごす場所以外に採用する。
例えば洗濯物干し場、例えば縁側、例えばテラスなど。
人間も使えて、ペットも喜ぶ場所にうまく取り込めたら、タイルってなかなかいいものです。
   
こちらはテラスでタイルを採用。
この時期のタイルは、日光で温められ、人も気持ちがいいですよるんるん (音符)