【アローラルスタッフブログ】

評判、人気のおすすめ観光スポットはどこ?美味しい河内長野のグルメ情報を比較!アローラホームのご紹介も。

24時間換気システムの第1種換気・第2種換気・第3種換気とは?

2021年11月13日

こんにちは。
システム課の淺野です。

いよいよ今日、プロ野球が開幕です。
今年はどんなシーズンになるでしょうか?
阪神タイガース爆走で大きな経済効果と成るや否や??

さて、今朝の朝礼で第一種換気のことが話題に出ていました。
以前、

の投稿記事で第一種換気のことに触れていたのですが、何だったかうろ覚えなので書いてみたいと思います。

2003年(平成15年)7月1日、シックハウス対策の法令等が施行され、住宅の24時間換気システムが義務付けられました。

24時間換気システムのメリット

24時間換気システムの代表的なメリットとして

  1. 結露対策
  2. カビ・ダニの減少
  3. 外部空気の影響を受けにくい
  4. CO2濃度の低下
  5. 省エネルギー効果

があげられます。
24時間換気システムは、窓を開けなくても換気装置を使用して強制的に室内の空気の入れ替えができるシステムなのです。その24時間換気システムの方法として第1種・第2種・第3種の換気方式があるのです。

第1種換気とは

24時間換気システム 第1種換気第1種換気は室外の空気を室内に取り込むのと、室内の空気を室外へ捨てるのを同時に機械で行う換気方式です。吸気量と排気量の調整により室内の気圧を外気圧に対して正圧(プラス圧)に、あるいは負圧(マイナス圧)に保つことが出来るなどの利点があります。

第2種換気とは

24時間換気システム 第2種換気第2種換気は室外の空気を室内に換気機器を使って取り込み、その差圧で室内に設置された自然換気口等から空気を室外へ捨てる換気方式です。 この方法では室内がプラス圧となり、出入口のドアを開けても他の部屋から汚染した空気が入ってこないという利点があります。

第3種換気とは

24時間換気システム 第3種換気第3種換気は室内の空気を室外に換気機器を使って吹き出し、その差圧で室内に設置された自然換気口等から室外の空気を取り入れる換気方式です。室内の空気は外気に対して負圧になり、出入り口のドアを開けた時も室内空気が流出しない特長があります。

モデルハウスオープニングキャンペーン
住宅用では第1種換気または第3種換気が一般的です。
アローラホームの標準は第3種換気で第1種換気への対応も可能です。
詳しくは営業担当にお尋ねください。

投稿者プロフィール

淺野
淺野
河内長野で勤めてついに11年目に突入。社内のITインフラ、社内システム(FileMaker)、各SNS、Webサイトアローラル三共住販株式会社と大阪府河内長野市の地域情報ポータルサイト河内長野おでかけ情報の面倒をみています。
 河内長野をPRすることで河内長野に住みたい!と思って頂いてアローラホームを建ててもらえたら本望です(^-^) 
たまにランチに行ってブログに投稿しているが評価が甘くなりがちかも。河内長野でランチは酒造通りの三佳屋のランチとか洋食のおとぎ屋のランチが好きです。