【アローラルスタッフブログ】

評判、人気のおすすめ観光スポットはどこ?美味しい河内長野のグルメ情報を比較!アローラホームのご紹介も。

鳥居はなぜ倒れないかご存知ですか?

こんばんは。
システム課の淺野です。

ネットを見ていて「へー」と思ったことがあります。
それは、神社の鳥居。

鳥居はなぜ倒れないかご存知ですか?

広島の原爆や東日本大震災で周りは倒壊しているのに神社の鳥居だけが倒れてない写真がありました。
これは・・・神の力か!Oh My God!
と、外国人も驚いているようです。

でも、これにはその構造に理由があるのでした。

神社の土台の部分は沓石(くついし)と言い、鳥居の柱を固定せずに沓石に空いている穴に鳥居の柱を差し込むそうです。
地震があった場合に沓石までにしか力が伝わらず、柱は揺れないようになっているのです。

いわゆる免震ですね。

凄い!地震の多い日本ならではの技術ですね。

それではアローラホームは地震に対してはどうなのでしょう?
アローラホームの構造躯体の倒壊等防止として、耐震等級(地震に対する構造躯体の倒壊・崩壊等のしにくさを示す等級)は標準で2となっています。
これは、極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力(建築基準法施工令第88条第3項に定めるもの)の1.25倍のちからに対して倒壊・崩壊しない程度です。
そして構造躯体の損傷等防止としては耐震等級(地震に対する構造躯体の損傷(大規模な修復工事を要する程度の著しい損傷)の生じにくさを示す等級)が標準で2となっています。これは稀に(数十年に一度程度)発生する地震による力(建築基準法施工令第88条第3項に定めるもの)の1.25倍のちからに対して損傷しない程度です。
※構造躯体の倒壊等防止、構造躯体の損傷等防止いずれも建築基準法の1.5倍である耐震等級3に対応可能です。

そしてさらに、地震の衝撃を2分の1に吸収する制振ダンパー「エヴォルツ(evoltz)」や、
制振装置SSダンパーevoltz地震の衝撃を2分の1に吸収する制振ダンパー「エヴォルツ(evoltz)」

地震の揺れを吸収して変形と損傷を抑えるGO-TA 制振ブレース/ゴータも扱っています。
地震の揺れを吸収して変形と損傷を抑えるGO-TA 制振ブレース/ゴータ地震の揺れを吸収して変形と損傷を抑えるGO-TA 制振ブレース/ゴータ

地震の多い日本だからこそ、その対策をしっかりとして安心して暮らせる住まいを提供して参ります。

投稿者プロフィール

淺野
淺野
河内長野で勤めてついに11年目に突入。社内のITインフラ、社内システム(FileMaker)、各SNS、Webサイトアローラル三共住販株式会社と大阪府河内長野市の地域情報ポータルサイト河内長野おでかけ情報の面倒をみています。
 河内長野をPRすることで河内長野に住みたい!と思って頂いてアローラホームを建ててもらえたら本望です(^-^) 
たまにランチに行ってブログに投稿しているが評価が甘くなりがちかも。河内長野でランチは酒造通りの三佳屋のランチとか洋食のおとぎ屋のランチが好きです。