長野小学校正門

こんにちは。
システム課の淺野です。

河内長野に住んでおられる方は普通にご存知であろうことで私がよく知らなかったものに西代藩本多家、そしてその陣屋、西代陣屋があります。
西代藩は初代を従五位下、河内守本多忠恒、二代目を従五位下、伊予守本多忠統とした。本多忠統は第5代将軍・徳川綱吉の小姓となり、河内国西代(大阪府河内長野市西代町)に陣屋を定め、大番頭、若年寄に任じられ、のちに伊勢神戸藩に移封され、1万5000石の大名となった。
以下ウィキペディアより、

西代藩主時代
元禄4年(1691年)6月18日、近江国・河内国で1万石を領した本多忠恒の次男として生まれる。兄の仙千代が早世したために世子となり、宝永元年(1704年)に父が死去したため、家督を継いだ。
宝永4年(1707年)3月23日、第5代将軍・徳川綱吉の小姓となり、綱吉死後の宝永6年(1709年)2月21日まで務めた。正徳元年(1711年)には河内国西代(大阪府河内長野市西代町)に陣屋を定めている。享保4年(1719年)9月3日に大番頭に任じられた後、享保9年(1724年)12月23日には奏者番と寺社奉行を兼任する形で任命され、享保10年(1725年)6月11日には若年寄に任じられて、第8代将軍・徳川吉宗の享保の改革に参与することとなった。享保15年(1730年)4月9日には勝手掛に任命された。

神戸藩主時代
享保17年(1732年)4月1日、伊勢神戸藩に移封となる。享保の改革では、松平乗邑と共に吉宗を助けて改革を推進した。その一方で享保の大飢饉において神戸藩が大被害を受けると、窮民救済に努めている。延享2年(1745年)、吉宗の命令で徳川家重付の家臣となり、同時に5000石加増と神戸城築城も認められ、1万5000石の大名となる。
延享4年(1747年)に江戸城内で肥後熊本藩主・細川宗孝が板倉勝該に斬殺されるという事件が起こると、その解決や細川氏存続に尽力している。寛延3年(1750年)、病気を理由に若年寄を辞任し、11月19日には五男の忠永に家督を譲って隠居した。宝暦7年(1757年)2月29日に死去。享年67。
当時においては、茶人としても有名で、茶名を「宗範」と称した。

こんな幕府の要職に就いて吉宗の享保の改革を支えた人がいたんですね・・・。

こちらが西代町
西代町

そしてふるさと事業の資金で陣屋門を模して建てた長野小学校正門。
長野小学校正門

あとは、
忠統は延命寺の住職を師と仰ぎ、伊勢神戸移転の時に陣屋内の建物を譲ったのが延命寺の蔵だそうです(階段上の建物。これしか写真を用意できませんでした)。

DSCN4974

普段、何気なく通ったりする道でも歴史を感じながら歩いたり写真を撮ったりするのも良いものだと思いましたウィンク

#コロナに負けるな

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
各記事の下部にコメントを入力し、投稿できるようにしています。
ご不明な点のご質問、またはご意見、間違いのご指摘、応援メッセージなどございましたら、お気軽にコメント投稿してください。
匿名でのコメント投稿が可能です。
※投稿されたコメントは本文記事と同様に誰もが見ることができます。投稿されたコメントはコンテンツの一部となる為、公共良俗に反する内容などは書き込まないでください。公共良俗に反するコメントの承認は致しません。
コメントしてみる

        「家のカタログ」プレゼント!

只今、一戸建住宅(業者)人気ランキング1位でランキング中です!
押していただけると大変、励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 河内長野情報へ
にほんブログ村

南大阪エリア・大阪府河内長野市の地域情報ポータルサイト。
観光、イベント、お勧めスポットやお店情報など
河内長野おでかけ情報
河内長野おでかけ情報

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事