大日寺のキリシタン地蔵「ヤソ地蔵」と隠れキリシタンの里

2018年12月18日

こんにちは。
お酒を飲まなくてもいつの間にか寝る事が多いシステム課の淺野です。

ある情報誌にキリシタン地蔵だと言われるお地蔵さんの記事がありましたので写真を撮ってきました。
場所は廃寺となって今は喜多町の集会所となっている大日寺です。

大日寺のキリシタン地蔵「ヤソ地蔵」
左の地蔵堂から幾つかならんでいます。

大日寺の地蔵堂
こちらが地蔵堂のお地蔵さん。

大日寺のキリシタン地蔵「ヤソ地蔵」
形が判りにくいですが右がキリシタン地蔵と推測されている「ヤソ地蔵」

大日寺のキリシタン地蔵「ヤソ地蔵」
手を合わせてるように見えます。

なんでも、戦国時代、烏帽子形城のあった烏帽子形山の付近は300名ものキリシタン領民が住んでいたとか。
1582年にイエズス会の宣教師がローマへ送った報告書に記されたそうです。

そして豊臣秀吉によるバテレン追放令により、キリシタン達は天見の山里に隠れ住んだそうです。
当時、そこでも200名ほどの隠れキリシタンがいたそうで、天見の里は南天の里、そして隠れキリシタンの里だったのですね~ほっとした顔

「家のカタログ」プレゼント!

投稿者プロフィール

淺野
淺野
河内長野で勤めて10年目。社内のパソコンおよび社内システム、Webサイトアローラル三共住販株式会社と大阪府河内長野市の地域情報ポータルサイト河内長野おでかけ情報の面倒をみています。
 河内長野をPRすることで河内長野に住みたい!と思って頂いてアローラホームを建ててもらえたら本望です(^-^) 
たまにランチに行ってブログに投稿しているが評価が甘くなりがちかも。河内長野でランチは酒造通りの三佳屋のランチとか洋食のおとぎ屋のランチをおすすめします。