断熱性能等級および一次エネルギー消費量等級が最高等級のアローラホーム。C値は0.42!

昨年12月1日、国土交通省と消費者庁によって住宅の品質確保の促進等に関する法律の基づく住宅性能表示制度について、表示基準の一部改正を官報に告示しました。
断熱性能等級の「等級5」と、一次エネルギー消費量等級の「等級6」が新設され、4月1日より施工されます。

アローラホームの断熱等性能等級

断熱等性能等級5は、外皮平均熱還流率の高断熱基準(UA値)が0.6以下とされ、アローラホームのUA値の平均値は、0.53であり、0.6となるため最高等級となります。

アローラホームの一次エネルギー消費量等級

一次エネルギー消費量等級6は、一次エネルギー消費性能(BEI)が0.8以下とされ、アローラホームの標準の建物ではBEIは約0.78となっております。

アローラホームのC値(相当隙間面積)

建物の気密性能を指標として用いられるC値は0.42となっており、こちらも最高等級です。2.0以下が望ましいとされる値よりも非常に良い値となっております。

住宅性能評定書
C値=0.42のアローラホームC値=0.42のアローラホーム(アローラタウン南海滝谷3期4号地モデルハウス)

また、耐震等級2、構造躯体の損傷防止2(いずれも最高等級)、ホルムアルデヒド発散等級3となっております。

その他今秋に改訂される長期優良住宅の基準もみたしております。

下記ボタンのリンク先でもご説明しております。ご覧ください。

ぜひ、アローラホームをご検討ください。