アローラホームは省エネルギー基準の家

高規格を標準仕様

アローラホームは省エネルギー基準の家

吹付断熱工法

従来の断熱工法(グラスウール断熱工法など)では隅々まで断熱が出来ませんでしたが、吹付断熱工法は2種類の発泡剤をスプレーで吹付け、その場で断熱材を生成するため、従来の断熱工法より効果が期待できる新機軸の断熱工法です。

超高発泡で軽く、さらに瞬間硬化

アローラホーム次世代省エネルギー吹付断熱工法断熱材内部に包み込まれる空気が99%。スプレー施工した瞬間に、セルを形成する樹脂が100%に発泡・硬化し、空気を内側に包み込みます。屋根面に施工しても垂れの心配はありません。また強力な自己接着力で構造体に密着し、複雑な形状にも断熱材を隙間なく充填する事ができます。そのため高い気密性を発揮し、隙間からの熱損失が大幅に減少します。

微細セルで高い吸音・遮断効果、吸放湿作用

アローラホーム次世代省エネルギー吹付断熱工法約400ミクロンという微細なセル構造が高い吸音性能を発揮します。また気密住宅は優れた遮音性能を持ち外部からの騒音もシャットアウト。また湿気を吸放湿する構造のため、静かで快適な空間が広がります。

完全ノンフロン・ノンホルムアルデヒド

オゾン層に悪影響を及ぼすフロンガスは全く含まれておらず、環境にやさしい断熱材です。またホルムアルデヒド等の揮発性化学物質を含んでいないため、厚生労働省が定める建材のホルムアルデヒド発散規制の対象外です。その為、「F☆☆☆☆」取得の必要がありません。

最上級の心地よさをもたらすLIXILのトリプルガラス(サーモスX)

最上級の心地よさをもたらすLIXILのトリプルガラス(サーモスX)

室内の快適さを守り、住まいの省エネ性を高めます。

アルミと樹脂のハイブリッド窓でありながら、樹脂窓と同等の断熱性能を実現。熱貫流率1.05W/(m2・K)という圧倒的な断熱性能により、熱の出入りを防ぎ、一年を通して快適な室内環境を確保できます。

不快な結露を抑えて、カビ・ダニの発生を予防。

優れた断熱効果で外気温の影響を受けにくくし、結露の発生を抑制します。室内気温:20℃・湿度:50%・室外気温:0℃による社内試験で結露は見られませんでした。

エアコン効率を高めて、暖冷房費と二酸化炭素を削減。

優れた断熱性能で、暖房時の熱の流出、冷房時の熱の流入を抑制し、エアコン効率をアップ。消費電力量を減らすことで、暖冷房費やCO2排出量を大幅に低減します。

※1.ガラス構成によっては変わる場合があります。
※2.縦すべり出し窓 TF 16513 トリプルガラス(アルゴンガス入り)内外 Low-E グリーン(3-14-1.3-14-3) JIS A 4710-2004 による社内試験値です。
最上級の心地よさをもたらすLIXILのトリプルガラス(サーモスX)

トリプルガラス(サーモスX)の紹介動画

Low-E 複層ガラス

アローラホームコンセプト省エネルギー基準の家Low-E複層ガラスLow-E複層ガラス(遮熱タイプ)はLow-E金属膜を施したガラスと板ガラスを使って中間に空気層を挟んだ高性能なガラスです。遮熱効果は一般的な単板ガラスの約2倍。太陽の日射熱を50%以上カットし、夏の日差しを遮り、室内の暖房熱は反射するので、夏は涼しく、冬は暖かいを実現します。また紫外線も76%と大幅にカットするので、大切な家具や、カーペットを日焼けによる退色・変色から守ります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事