イルカ
基礎工事の要となる基礎配筋。
アローラホームの基礎配筋はどの様に施工されているのでしょうか?

地盤調査を行った後は地盤の掘削が開始されます。そして砕石が敷き詰められ、機械加圧によって締め固められます。
アローラホームの基礎配筋

アローラホームの基礎配筋

アローラホームの基礎配筋

アローラホームの基礎配筋そのあとに捨てコンクリートが打設され、その上に防湿シートが敷かれます。

そして捨てコンクリートに記された墨を頼りに鉄筋が組まれていきます。
これが基礎配筋の工事となります。

アローラホームの基礎配筋

アローラホームの基礎配筋

アローラホームの基礎配筋は建築基準法で定められている9mmよりさらに太い13mmの鉄筋を使用しています。
アローラホームの基礎配筋

そして鉄筋と鉄筋の間隔(ピッチ)は200mmとしています。こちらも建築基準法で定められた300mmよりも狭い間隔にすることにより、耐震強度を高めています。
アローラホームの基礎配筋

この後は基礎の底盤部分(スラブ)のコンクリート打設を行い、基礎の立上り部分のコンクリート打設を行っていきます。
その他実際のアローラホームの基礎配筋の工事は新築工事進捗ブログをご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事