イルカ
基礎は家の重さ(荷重)を地面に伝える大事な部分です。アローラホームの基礎工事はどの様に行われているのでしょうか?

アローラホームのベタ基礎

基礎には「ベタ基礎」や「布基礎」などがあり、一般的に3トン以上の地耐力を持つ地盤であれば、「布基礎」でも良いとされています。しかしアローラホームでは、地耐力に関わらずより耐震性に優れた「ベタ基礎」を採用しています。
「ベタ基礎」は「布基礎」に比べ基礎の面積が非常に大きく、建物の荷重を基礎全体で分散して受け止めることができます。また、シロアリなどの侵入を防いだり、地面からあがってくる湿気を防ぐことができるのです。

アローラホームの基礎工事

建築基準法上の規定よりも屈強な構造

アローラホームの基礎は建築基準法上の規定よりも屈強な構造としています。基礎の幅は建築基準法上の120mmよりも厚い外部180mm・内部150mmとしています。
※浴室、玄関ドア部は120mmです。
そして内部の鉄筋を直径13mm(建築基準法上は9mm)、ピッチを200mm(建築基準法上は300mm)とすることで耐震強度を高めています。

アローラホームの基礎工事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事