イルカ
建物の床面を支える床板はどの様に施工されているのでしょうか??

剛床工法による床板工事

土台、大引に建物の荷重を受け渡す床板はアローラホームでは剛床工法という工法で設置されます。
アローラホームの床板工事

剛床工法とは、土台の上に根太を設置する根太工法に比べ施工性が良く剛性が高い工法です。
根太を設けず水平力に抵抗させるため、厚みのある構造用合板(24mm)を用います。

構造用合板

構造用合板とは、建築物の構造上重要な部位に使用される合板で「強度等級」「ホルムアルデヒド」「板面の品質」など一定の要件を満たしたJAS規格(日本農林規格)の製品が使われています。
アローラホームの床板工事

構造用合板の配置

構造用合板の配置は水平構面性能、たわみ性能が高い千鳥張りの配置としています。
アローラホームの床板工事
水平構面性能とたわみ性能が高いと、地震による建物の損傷を受けにくくなります。

構造用合板の接合具

アローラホームの床板である構造用合板の接合具としては、鉄丸釘N75が使われています。
鉄丸釘N75は75mmの長さの鉄線を材質とした釘です。
アローラホームの床板工事
建築基準法では構造用合板で使用する釘としてN50かそれに相当する釘が指定されています。

構造用合板の接合

構造用合板の接合は、鉄丸釘N75を構造用合板の四周および中通りに打ち、間隔は外周で150mmです。
アローラホームの床板工事
※柱などのために合板を切り欠く場合、本来打つべき釘を150mm以内に移動して打ち、釘の本数が減らないようにしています。

品確法の存在床倍率は3倍

以上のアローラホームの床板工事により、品確法で示される存在床倍率は3倍となります。

品確法の存在床倍率3倍とは

厚さ24ミリメートル以上の構造用合板を用い、その四周をはり等の横架材又は構造用合板の継 ぎ手部分に補強のために設けられた受け材に対し、鉄丸釘N75を用いて15センチメートル以下の間隔で打ち付けた床組等

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事