集成材とは

集成材は、ひき板(ラミナ)を材料とし、大きな節や傷・割れを取り除いて繊維方向を平行にそろえて修正接着します。
天然の木は50~200%の水分を含んでおり、この水分を天然乾燥および乾燥装置で乾燥させて含水率を15%以下にしています。
含水率を15%以下とすることにより、狂い・反り・割れを防止し、強度アップを図っています。

アローラホームの集成材

集成材の特徴

木の欠点を除去して強度のばらつき少なく品質が均一化

木材の大きな節や割れなどを製造工程で除去。強度のばらつきが少なくなり品質が均一化されます。
アローラホームの集成材

優れた断熱性と調湿能力

木材は建築材料として日本の気候風土に適しています。
湿気を吸収・放出し、急激な湿度変動を抑制し結露を防止します。
また、断熱性にも優れています。
アローラホームの集成材

充分な乾燥で割れ、反りが少ない

木は5%~200%の水分を持ち、乾燥が不充分だと狂い、割れ、反りが生じます。そのため、天然乾燥および乾燥装置を用いて木の含水率を15%以下に落としています。含水率を15%以下とすることで狂い、割れ、反りの防止を図っています。
アローラホームの集成材

木は鉄よりも火に強い

木は断面が大きくなると火がつくと表面が焦げて炭化します。この焦げた炭化層が内側への酸素を絶つため、燃えにくくなります。
一方、鉄は550℃を超えると一気に変形して強度が落ちます。火災時では木は鉄よりも強いのです。

アローラホームの集成材
出典:日本集成材工業協同組合

JASマークが示す品質保証

JAS(日本農林規格)規格の検査項目に合格した集成材だけがJASマーク表示することが出来ます。
アローラホームではJAS(日本農林規格)規格の基準をクリアした集成材を使用しています。
アローラホームの集成材

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事